Bonus 27245732   History   11/   0  
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【さくら提督の家族艦隊 土方編OP】
もう ダメな自分を隠さないで
(体を丸めているさくら提督)
*お砂場(練習ページ)です。 [#v299c566]

いま 僕の全部 いつかの自分が 咲くための
(さくら提督が目を開ける)
#contentsx

瞬間
(さくら提督が体を広げる。同時に暗かった空間は明るくなる)
*AAの張り方 [#k191bf82]
以下のソースを参照

(タイトルが表示される)
#AA{{
      _ 
     '´ ━ ヽ     
   ( ノ)))))〉)     
   〈《( ゚ ヮ゚ノ)   
   [∩]/?ヽノつ    
    /~//_|      
    `し'ノ 
        ,..:::─:::.、
   ,:'::::::::::-==ヽ
   i/<:L:iλ::i::」
   i::i::|i ゚ ヮ゚ノ:|
   .,':::r'ヽ∞イi::|
  /:::〈_/,.-=-!〉|
  〈._;;;く,、__,_、〉:|
}}

(勢いよく海の上を走る足。龍城、夕立、天竜の順に顔がアップ)
#AA{{
        ,、- 、       rv、
   iフ rv'   ハr‐-i⌒⌒iヽo'7  / ̄liヽ
  rv┐ ゝ/⌒v'弋二ヽ/^7 〉'┘/   li 丶\━━━━━ ヾ¨ '' ‐- .._━━━━━┓
  (Yヲト'゛ rェュ乂にOこ){.ハ/━ .l: : : .   li   ヽ lニ二 - 、━━━\: : : : :.ヽ━━━┓┃
  Yノ l::.....ゝ-'ヽ-! しヽ)l/ / _... -l‐- .._,、 -‐ ┴ .._  \\     ` ─ .._: V)   ┃┃
  く Y) li__{ ̄il /li人   // >-/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  ヽヽ       丶ハl  ┃┃
   r=(i__フシリ/ハ. // /:./:.:.:.:/:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   \\           ┃┃
  Y..シ`ヽ..つ 从l  //   /:.:.:/:.:./:./:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:i:.:.:.   ゛,     ヽヽ           ┃┃
.  l{  }v^rェェく.  //   /:./:,':.:./:./:.:./:.:./:.:.:/:.:l:.:.:.i:..   ,     \\へ   ,ヘ ┃┃
.  li Y i' }{ ヽ. / /    ,':.,':.:!:.:.:i:.:i:.:./:.:./i:.:.:,':.:.:.l:.:..,l:.:.i:.:.:.:',      /ヽヽ::ヽ /::::::i ┃┃
.  liくリゝlト- / / / )  l:.:l:.:.l:.:.:.l:.:l:./l::.ハl:.:.l:.:.:.,'l:./ l:.:.l:.:l:.:.i    /:::::::::', V:::::::/ ┃┃
  liノヽハ/ / / / Yl   l:.:l:.:.:l:.:.:.l:.l/_.!._ ` l:.:l:.:./_...._ l:.:.l:.:l:.:.l    /::::::::::::::i l:::::〈. ┃┃
  liゝ-(日)__l l  l くl レ7 l:.:l:.:.:.ト,:.:リ〈 {:::::i` l:/lノ r==、l:.:.l:.:l:.:.l   /::::::::;::::::::l l:;;:::::', ┃┃
  l.i.ヽ/ /::::l l 〈.ハ〉Y/ l:ハ:.:.:.l i:.:ト、 `''゛    i;;;;ノ/:./l:.:l:.:.!  /::::::::::i;::::::::::Ll:;;:::i::::', /ヽ
  ', V /:::::::l ト、 V // ノ i:.:./:.ヽ:l` ゝ   ;    //:.,':.l:.:,'  /:::::::::;:::l::::::/(二);;;:l;;::::V: : :.〉
  ∧V l:::::::::| |:::ヽ /    l/ l:./:.iヽ   ャ= ァ   ィ::/:./:/レ' /:;:::::;:::;::::l;::://  |::V::ヽ::::',\(
  ∧l l::::::::r'=-!::::::\     lハ:.:l:.:l\ `   イ:.l/lノl/ /:::::::i;;::;:::;;::::l::/:i.  !:::;:::::::ヽ:::',
     l::::::::{_,r-ヽ:::::::::::` .._  ノ'/┴--`r</l:.l:/l/ 〈\ r‐、:::i;:;:::::i::::レ:::l / ハ::i:ヽ::::i\i
.     l:::::::::::::l 丶\:::::::::::::::::::::/     ∧:l. l/..__ lヽ/ r-く::ヽ:::::l:::lヽ:l  l;;;;リ;:::ト、:l ┃
   ,':::::::::::::::ヽ ヽ `く  ̄ ̄  \   /:::::Y \  l. l /   ノヽ::ヽ:トノ Y / /;;i;;;;::::',.┃┃
   ,':::::::::;:::;;::::::\ ヽ ゝ\  \  \ />::::::`<\ | /      ̄ハ リ  レレi;;;::l;;;;\) ┃
.  i::::::;:;:;;::;;;;;;;:::::::ヽ \ ヽ〉    ヽ  く:::<7::::ハ:::\ i        /       V;::l;;::::| ┃┃
  l::::::;:;;;;:::;;::;:;l、:l:::l. i` -ヽ}     ヽ ヽ/l::l ',::::ト、ハ       ハ      l:;::::i::::l ┃┃
  l:::::;:::;;;::::;;:::ハトノ l:!  i       ヽ  l:::l  ',:::l  l    /   〉     l:::;:::lヽl ┃┃
  l:::::;:::;;:::::::V   l::} r'         〉 l:::l  i:::l  /     ,'  /     l:::ハノ   ┃┃
  l:::::;::::;;::::::::l    l::,' l         /  !::l   l:::l. ,'     /- '"∧  r - 、 !/ r-、}) ┃
  l:::::;:::::::;:::::::l.  l::{ ヽ  -─---く/  l:::l   l:::l/   /: : : : :,.ィ /l Yrヽ rく > ┃┃
.  !::::;::::::::i:::Y  l::::l` ‐--、-‐'": : :_...〉 l:::l    レ'   ∧: : /  V ハ ノ⌒l.ノ Y⌒ヽ.┃
.  l:::::;:::i::::ト、l   l::::l    ヽ: : :/ ヽ └'  /     /! ヽ'    ', 〈} >( O ) 〉く ̄i┃
   !:::::V:::/    l::::l      く    \ /      / l  ∧     VY⌒ゝ'゛〈V⌒Y〉
   lハ::::::::{   l::::l     /{:::ヽ,     l.      , ' ,' i^Y 〉‐-   V^i/ _!..._ Vヽイl.┃
.    ヽ::::l   l::::l    /:::::::>--'- __      /:::Y リ.//      〉〈 レ‐くヽ}/リl.┃
    ┃ヽl.  l::::レ‐--く::::,へ::`──ァ \   /:::::::::l. /     /〈ハ ヽ='ハハl.ノ ┃
  r/i ┃┃   l:::/: : : : : X: : : \: :/ ,i   ` <::::::::> '゛    , ィヽ{Y^i∧`=シ'" ┃┃
. /::::!┃┃  l::/: : : : /: :\: : :./ // i l    `く     ,、<ar〉-O くY从爪lノ  ┃┃
 i:::::::'┃┃ l:/: : :.//: :\:\:l ノ:.〉l. ハ lく       , ィ'゛ 〉oPdaヽ人ノV     ┃┃
 l::::::::i ┃ 〈: :/:i⌒ヽ : : : l: ::\/ l. l. し' ヽ─-‐ '"ヽノく /qGoPdく..._{)/7      ┃┃
  ',:::::: ',.┃  Y: : :',   l: : :/: :/  レ'    l. レ{ r-〉i 〉rGPrlノbQ〈 ノ゚ く_.._     ┃┃
  ヽ::::::〉    \: :ヽ.__ノ//  /  ∠二l ハ ヽ_>'ノ/ノr'>GoリOV ヽ) : : : : :ヽ、   ┃┃
.     Y ┃      \: : : /i⌒ヽノ⌒ヽ   //Tヽ=-イ人しレ-イ7/ ̄ ̄  ‐-─ヽ ┃┃
    ┃┗━━━━`'゛━ \    ヽ ━━ し'⌒ヽl━l/━━l// ━━━━━━┛┃
    ┗━━━━━━━━ ヽ ..__〉 ━━━━━━━━〈/ ━━━━━━━┛
    ‐ ─SYAMEIMAL. AYA─ ‐
}}

いつからか 傷つくのが怖くなって
(港に立つ天竜と彼女の肩に乗るヲ級)
*[[MISSION18 MEGALITH:http://thwiki.info/pukiwiki.php]] [#jd920693]
 A group of young Erusian officers have taken over Megalith, the superweapon that was under development. 
 エルジア軍の一部の将校が開発中だった最終兵器メガリスを占拠した。
 Megalith is a rocket launch facility that can shoot down asteroid fragments in orbit. 
 メガリスはロケット発射施設であり、いまだ軌道上に残る小惑星のかけらを人為的に落下させる兵器である。
 The only way to destroy this highly dangerous and fortified facility is to hit it from the inside. 
 この恐るべき要塞施設を破壊するには内側からダメージを与えるほかない。
 Follow the missile port grooves to find the three generators deep within the facility. Destroy the generators to access the central heat vent. 
 ミサイル搬入路の溝の奥にある3つのジェネレーターを破壊すれば、中央の廃熱口が開く。
 Once inside, destroy the giant missile in the central silo. 
 そこから内部に進入し、中央サイロにある大型ミサイルを破壊しろ。
 An infiltration unit will secure your escape route. 
 突入後の脱出口は、潜入部隊が開ける。
 Their plan calls for waiting until the generators are off-line, and then taking over the sub-control room once the blackout hits. 
 ジェネレーターの破壊による停電を待って、サブコントロールルームを制圧する手はずだ。
 Enter this rat's nest with full confidence that the unit will get you out again.
 彼らを信じて穴蔵に飛び込め。
 It's highly likely that this will be your final mission. 
 これが最後の出撃任務となるだろう。
 Remember, we need heroes after the war too. Make it back in one piece.
 必ず生き残れ。戦後には英雄が必要なのだ。
 
 Dismissed! 
 出撃。

夢の続きを諦めていた
(岩盤の下で体育座りで俯いている夕立)
*[[ミシシッピー殺人事件:http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6&hl=ja&lr=&sa=N&tab=wi]] [#ac8c7a70]
 うぁー・・・
 
 あっ!!!! せんせい!
 こ このゆかは た゛れかの わな た゛ったんた゛!
 この たかさから おちたのて゛は せんせいは・・・
 ああ もし さいしょから やりなおす
 ことか゛ て゛きれは゛
 なんとか なるのに・・・
 
 
 ざんねん! わたしのぼうけんはこれでおわってしまった

夕日に染まる タメ息の数だって
(夕暮れの廊下を歩く龍城)
*''見出し'' [#n151e840]

知らないふりして なりたくない自分演じてる
(夕暮れの執務室で暗い顔をしているさくら提督とそれ心配そうに見つめる鳳翔)
*大見出し1 [#a6dc7f79]

"ね 
(声と共に人差し指を立てるジャンゴウ)
**中見出し1-1 [#qa1c1e8c]

どうせ朽ちるなら 
(書類をチェック中の菊提督。後ろにははしゃぐ金剛と伊19)
***小見出し1-1-1 [#k28ac390]
-項目1
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1''段落1''段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1~
段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2
段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2
段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2%%段落2%%

かっこつけたりしないで
(金剛と伊19に挟まれて呆れ顔の菊提督)
-項目2

誰かが送る視線なんて 
(窓から月を見る土方大将と対になるように俯いて立っている雷)
-項目3

気にするな"
(雷のアップ。画面に向かって発泡)
***小見出し1-1-2 [#zcbf4116]
:用語1|いろいろ書いた解説文1と''強調単語''((注釈1。WikiName。))
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1

リアリティ 
(飛び跳ねるヲ級)
:用語2|いろいろ書いた解説文2((注釈2。[[BracketName]]。))

もっと 感じていようよ
(海の上を走る天竜、龍城、夕立)
:用語3|いろいろ書いた解説文3((注釈3。注釈の中にも((注釈の注釈))作れます。))
----

いま 僕の全部 いつかの自分が咲くため だって
(夕立、龍城、天竜の順番で活躍が描かれる)
*大見出し2 [#z3909cff]
これは練習です。これは練習です。

傷つくばかりだっていい 
(帽子で目元が隠れた土方大将と後ろ姿の翔鶴)
**中見出し2-1 [#l26a869a]
http://pukiwiki.sourceforge.jp/

失ってもいい
(後ろ姿の那珂)
**中%%見%%出し2-2 [#s6844309]
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1'''段落1'''段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1'''''段落1'''''段落1段落1段落1段落1段落1段落1~
>段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2
>段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2
>段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2

たった一瞬も無駄などないの
(草原を走るさくら提督、天竜と彼女に掴まるヲ級、夕立、龍城)
***小見出し2-2-1 [#o244e737]
レベル0レベル0レベル0レベル0レベル0レベル0
>レベル1
>レベル1
>レベル1
>>レベル2
>>レベル2
>>レベル2
>>>レベル3
-はろ1
--はろ2
ろろろろ2
---はろ3
--はろ2
---はろ3
ろろろろろ3
--はろ2
---はろ3
>レベルファイブ

 BeLieVe iN リアリティ
(青空を背景にジャンプするさくら提督、天竜、夕立、龍城、ヲ級)
*''日付'' [#jfce72b9]
 日付 &date;
-日付 2001-12-06
 date?
--2001-12-06

(記念写真撮影の準備をするみんな。この中に土方大将と雷は含まれない)
 時刻 &time;
-時刻 15:00:08
 time?
--15:00:37

(カメラのシャッターが降り、記念撮影の写真で〆)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【さくら提督の家族艦隊 追憶編OP】
(海原のカット。進んだ先に後ろ姿の軽巡棲鬼が居て、彼女を通り越してタイトル。追憶編最終話では軽巡棲鬼が振り向く)
 日時 &now;
-日時 2001-12-06 (木) 15:00:08
 now?
--2001-12-06 (木) 15:00:37

繰り返す世界 
(港に立つ那珂)
*おまけ [#y56bf4bd]
 --ホームページ
 --- http://pukiwiki.sourceforge.jp/
 --メールアドレス
 --- info@pukiwiki.org....
 [[sng]]
 
 整形済みテキスト整形済みテキスト整形済みテキスト
 整形済みテキスト整形済みテキスト整形済みテキスト
 
 COLOR(#993333){色の変更も可能なルール}
 
 SIZE(10){サイズの変更も可能なルール}
 
 SIZE(20){COLOR(#333399){両方指定}}
 
 ''強調''
 
 '''イタリック'''
 
 '''''イタボールド'''''
 
 %%打ち消し線%%
 
 左寄せ
 CENTER:中寄せ
 RIGHT:右寄せ
 
 >いんよう

何度手を伸ばしたら
(空に手を伸ばす那珂)
***たいとる [#b4249a0a]
:読み|yみ
:意味|いみ
>てすと
おまけ
:|テストェ
おまけ

儚い涙は黒い心
(神妙な顔つきの那珂のアップ)
*No.1 [#vcb7e748]
これを更新した日は→2014-10-29デス♪

溶かすの?
(那珂の顔に黒を貴重としたノイズがかかる)
**No.2 [#n2a6ef0c]
これを更新した時間は→12:15:57デス♪

芽生え出した思いが
(廊下を歩く龍城)
***No.3 [#a678d854]
追記
まとめると・・・・・→2014-10-29 (水) 12:15:57デス&hearts;

胸に
(龍城に笑顔で抱きつく夕立)
なるほど
1
2
3
処理落ち率が100%あります。

響いたなら
(二人共笑顔になる)
てすとてすとてすと

君の隣で
(壁に座り込む天竜)

ずっと変わらず
(天竜のアップ)

護るだろう
(目を閉じる天竜)

堕ちた希望を拾って
(食堂を経営する鳳翔とカウンターに座るジャンゴウ)

明日に繋いでゆけば
(金剛と伊19のアプローチにめげずにデスクワークに励む菊提督)

絡まった
(出撃命令)

歪な
(出撃ドックに立つ龍城、天竜、那珂、夕立)

願いだってほどける
(那珂の出撃シークエンス。歌詞が終わった直後に出撃)

光をかざして
(龍城の発艦)

躊躇いを消した
(戦闘機が深海棲艦を一掃する)

あげたかったのは
(魚雷を発射する夕立)

未来で
(魚雷が深海棲艦に命中)

泣いてる夜
(敵ヲ級からの攻撃を避ける天竜)

抱いたまま
(砲撃を放つ天竜)

嘆きを
(艤装を構えた那珂)

叫んで
(叫ぶ那珂)

踏み入れた足を
(夕暮れの港に座る那珂)

遠くの理想が
(そこに歩き寄る3つの影)

そっと癒してゆく
(那珂に寄り添う夕立、龍城、天竜)

確かな絆を強く
(那珂に手を差し伸べるさくら提督)

握り
(差し伸べられた手を握る那珂)

進もうどこまでも
(港に立つ那珂、さくら提督、天竜、龍城、夕立)

穢れきった
(後ろ姿の那珂。目の前には笑顔で出迎えているトラック泊地の面々)

奇跡を
(大破した阿賀野を抱いた那珂が敵艦載機から今まさに落とされようとしている空爆を見上げている)


(軽巡棲鬼の左目)


(軽巡棲鬼の目が開く)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【さくら提督の家族艦隊 北方作戦編OP】
朝の光 
(後ろ姿のさくら提督)

眩しくて
(こちらを振り向くさくら提督)

Weigh Anchor!
(ジャンプする家族艦隊)

(背景がぼやけてタイトル)

言葉もなくて
(上からグイっとパーン。遠景に後ろ姿で佇むさくら提督)

ただ波の音 聞いてた
(さくら提督のアップ。髪がなびいている)

記憶の意味 試されている みたいに
(徐々に上へ地べたに座っている夕立、夕立に抱きかかえられているリ級、石垣にもたれかかっている龍城、立っている軽巡棲鬼、石垣に座っている天竜、天竜の頭に乗っかっているヲ級)

闇の中でも
(鳳翔とジャンゴウ)

思い出す
(大井と北上)

前に進むの
(北方作戦に参加した提督達)

見ていてよ
(横顔のアップのまま歩みを進めるさくら提督)

So repeatedly,
we won’t regret to them
(遠景で一人遊ぶ北方棲姫)

そんな風にも考えてたの
(北方棲姫のアップ。その顔は何処か寂しそう)


憧れ 
(赤神提督と彼に付いていく五月雨)

抜錨 
(黒い笑顔の龍田に怯えるT督)

未来
(土方大将と雷。両者とも爽やかな笑顔)

絶望 
(怪しい笑みのルビー・ブレアとハイライトが無い時雨改X)

喪失 
(明火大佐と一航戦)

別離
(金剛と伊19のスキンシップに耐える菊提督)

幾つもの哀しみと海を越え
(目を閉じたさくら提督の手の中に今までの思い出が集まる)

たとえ――
(目を開けるさくら提督)

世界の全てが海色(みいろ)に
(深海棲艦前に無双を繰り広げる夕立)

溶けても
(外から謎のショット。とっさに避けるが頬にカスる夕立)

きっと
(画面奥に居る時雨と退治する夕立)

あなたの声がする
(艦載機をルビー艦隊に向けて発射する龍城)

大丈夫 還ろうって
(後ろにいる北方棲姫を庇う龍城)

でも
(北方棲姫の顔)

世界が全て反転しているのなら
(艦載機を大量召喚する空母棲鬼)

それでもあなたと
(空母棲鬼と退治する軽巡棲鬼)

真っ直ぐに 
(軽巡棲鬼の右側に現れる天竜)

前を見てて
(左側には夕立と龍城が)

今 願い込めた 
(みんなに支えられながら主砲を構える天竜)

一撃 
(天竜のキリッとした目)

爆ぜた
(画面に向けて砲撃する天竜)

(青空からグイっといってパーン。一人でいるさくら提督の元に駆け寄る家族艦隊達)

(他の提督達が集まっている場所に駆けつけるさくら提督達。最後のデデンでポーズ)

ソース・Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/akino-with-bless4/miiro-kancolle-op/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【RefRain OP】
(M.R.S.へのログイン演出)

(セントラル1を翔るブロンクステラー、セントラル3を翔るブリッツラスター、セントラル2を翔るムストバイパー、バイパーが奥に行った瞬間に白い光に包まれタイトル)

退屈さを 
(暗い海底の中で眠るミリア)

享受して
(ミリアの顔のアップ。目を開けるミリア)

手にする
(海の上ではしゃぎ回るティ)

日々は安泰
(ティの笑顔のアップ)

全てが
(セントラル2を彷徨うミューズ)

無気力 
(ミューズの顔のアップ。キョロキョロ見渡している)

褪せてゆく
(ジェイムスを背景に立っているセレス)

現実で
(セレスの顔のアップ)

ひとつ
(データの仕分けをしているアイリス)

甘く辛いものか 
(シュミレートをしているバーミリオン)

ここで
(戦闘体型に入るシトラスとシードレス)

狂おしく叫ぶよ
(暗い部屋で一人佇んでいるバイオレット。顔は影で隠れて伺えない)

(出撃するミリア)

解き放つ熱情で 
(ムストバイパーのカット)

全て撃ち抜けば(shoot out)
(M.E.F.A2-X4を撃つムストバイパー)

汚れない
(飛翔するブリッツラスター)

夜明けごと 
(飛翔するブロンクステラー)

君を守れるの
(三人合流カット)

(間奏)
(原作ゲームのプレイ動画集)

運命が日常を遠ざけてしまっても
(暗い空間に一人ぼっちのミリア)

構わず
(ミリアの横にティが)

走り出すよ 
(もう片方にはミューズが)

闇の向こうへ
(闇から脱出するミリア達)

解き放つ感情で 
(ショットを撃つムストバイパー)

全て撃ち抜いて(shoot out)
(避けるが、被弾するジェイムス)

切なさを焼き尽くし
(カットイン攻撃を仕掛けるジェイムス)

君を守りたい
(セレスと激突するミリア)

まだ知らない未来
(ジェイムス除いて勢揃いするボス達)

求めて 
(ムストバイパーの正面カット)

震えてる瞳
(ミリアの左目にズームイン)

(白い空間に円が書かれた空間の中心部に立つ主人公三人)

(パンッとズームアウトし、外周部に立つボス達が現れる)

(各キャラクターの顔を順に写していって、最後はミリアのCLカットインと同じポーズで〆)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【RefRain ED1】
(幾何学模様)

規則が運ばれてく
(座っているミリア)

密度が試されてる
(ミリアの顔のカット)

(立っているティ→ティの顔のカット)

(寝込んでいるミューズ→ミューズの顔のカット)

信号が繰り返し
(画面中央でもたれ掛かっているセレス)

時間に乗せられてく(…れてく)
(セレスの顔のカット。れてくのリフレインで色が変わる)

Rainbow Spectrum
Rainbow Spectrum
(丸まって寝転ぶミリア。れてくのリフレインで色が変わる)

Rainbow Spectrum
Rainbow Spectrum
(丸まって寝転ぶティ。れてくのリフレインで色が変わる)

Rainbow Spectrum
Rainbow Spectrum
(丸まって寝転ぶミューズ。れてくのリフレインで色が変わる)

Rainbow Spectrum
Rainbow Spectrum
(丸まって寝転ぶセレス。れてくのリフレインで色が変わる)

アンテナにノイズを拾い
(アンテナを持ったバーミリオン)

寂しい時に 重ねる思い
(寝転ぶシトラスとシードレス)

周波数はそれぞれ空に
(空に手を伸ばすアイリス)

耳元に奏でるメロディー
(ヘッドフォンを着けたバイオレット)

虹色に
(絵筆を持っているセレス)

色付けしたり
(色が変わり、顔が無くなる。絵筆からは虹が出ている)

見えないものに 
(手を延ばすティ)

可視化の値
(色が変わり、顔が無くなる。手元にはクマさんが)

周波数を
(ラジオを持っているミューズ)

光の帯に
(色が変わり、顔が無くなる。ラジオからは光の帯が)

プリズムに
(棒立ちのミリア)

惹かれるセオリー
(色が変わり、顔が無くなる)

見えぬ帯をこまねく衝動
(セレス→アイリス→バイオレット→シトラス→シードレス→バーミリオン→ティ→ミューズ→ミリアの順番で各キャラクターが歌詞に合わせて口パクする)

(コッという音と共にクマさんが飛び出し、シンバルと共に古いテレビの様に切れる)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【RefRain ED2】
(落書きのようなポップな宇宙)

(これまたポップな地表に後ろ姿で座り込むティ)

うたた寝と同じくらいの
(無表情で座っているティ)

それは軽い 軽いProcess
(夜空とティ。Processで流れ星が流れる)

ほんのちょっとのきっかけで(ふわり)
(ふわりと浮かぶティ)

飛び立っていくよ自由に
(飛び立つティ。顔は驚いている)

あたしの場合それはきっと
(宇宙を飛ぶティ。機体やボスも飛んでいる)

(Maybe)
(右下に飛び出して歌詞を歌うセレス人形)

あの日の出来事
(宇宙を飛ぶティ。惑星にはクマさんをあげたおじさんが)

(Process)
(左下に飛び出して歌詞を歌うアイリス人形)

夕日に染まる瞳が
(夕日に気づくティ)

(Wow Silence)
(両下に飛び出して歌詞を歌うシトラスとシードレス人形)

何よりきれいで時が止まった
(目を輝かせるティ)

それだけで ああ それだけで
(クマの形をした夕日を眺めるティ)

聞こえてる今その胸にここから響く切ない音
真っ白だった 世界が君を知って弾けた
宇宙の始まりに似てた
(ダンスを踊るティ)

(間奏)
(今までの思い出)

聞こえてる今その胸にここから響く切ない音
真っ白だった 世界が君を知って弾けた
(ミリアとミューズと共に踊るティ)

恋する始まりを
(ティのとびっきりの笑顔)

告げた
(木陰の下で眠っているティとそれを見守るミリアとミューズ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【C.C.S.B. OP】
君と過ごした 
この奥の景色
見下ろす度に 色褪せる a Memorie

忘れかけていた 君の足音
Finding your name 時が止まり
風がそよいだ

このまま君と掴んだ未来へ急ぐ
風さえ追い越せるほどに ねえ早く

So Realize
Stay Realize
君と今も走っている

So Realize
Still Realize

白き光が受け継がれていく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【C.C.S.B. ED】
少し髪を切った 言葉には出せない努力
一目振り向いてほしくて 背伸びしても距離は埋まらない
周りは華やかな 笑顔の人たちで
僕はずっとうつむいている

くるくる回る 頭の中で
貴方の言葉 探す度に
ゆらゆら揺らぐ 心の中は
いつでも怯えていて
変われない 素直に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
penis
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Show 貝の所以 
斑なパステル 
調整は済んだ? 
置いてけ Monday

バイタが買った 
聖杯解体らして 
焦燥を喰った 
祈りも飽和したんだ

居なくなる 
見なくなる 
消えない白が手を伸ばす

パカパカ見飽きた 
すっからかん都心で 
世界は馬鹿ばっか 
話を聞いてよ

今しか戦ってあげないって言うんだよ 
引っ張り出したスーツの死神が
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A swaying corridor

See sunken memory

The color of this would gradually eroded

「I do not want to be tied up」

「Can not hide」

Sound spinning sinks into the sea of thought

「I still have to choose again」

Intention to grudge

Anomaly landscape

Increasing frustration

It looks like a muddy crystal

「I do not want to be decided」

「Can not get of」

Sound spinning sinks into the sea of thought

「I still have to play again」

But I am so still here

Surrender the silence

「I do not want to be quiet it again」

「Show me the true mind」

「Who are you」

But I am so still here

Surrender the silence

「I do not want to be quiet it again」

「Will you show me a hidden face?」

「Are you ME?」

お砂場
最終更新のRSS
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29. HTML convert time: 0.006 sec.