Bonus 27369907   History    4/   0  
 
*東方茨歌仙まとめ [#z53f3203]
仙人、茨華仙が俗界に興味を持つ。キャラ☆メル Febri(Vol.1〜Vol.13)、Febri(Vol.14〜)で連載中。
参考:[[一迅社の公式サイト:http://www2.ichijinsha.co.jp/febri/]]
 
#contents
 
//テンプレ(行頭のスラッシュ二つを消して使用)
//**
//:あらすじ|
//:登場人物|
//:要点|

**第一話 「片腕有角の仙人」 [#c48f20f6]
:あらすじ|
博麗神社に「河童の腕」と書かれた箱が奉納される。中身を見た途端にゴミと言い捨てる霊夢だったが、
魔理沙に「奉納されてたんだからきっと何か秘密があるんだ」と言われ、ご神体に仕立て上げようと画策する。
霊夢に買い出しを頼まれた魔理沙は里の入り口で仙人と出会うが、すぐいなくなってしまう。
少しして神社にその仙人がやって来る。河童の腕が入った箱を開けようとしたので、霊夢は慌てて取り押さえる。
彼女の名は茨華仙(茨木華扇)。箱の中が見たいと言うので渋々ながら見せることにする。
中身はなんと─。
長生きする方法などを教えてほしいと言う魔理沙。
アドバイスを送るくらいならと言い、華扇はこれからちょくちょく博麗神社に顔を出すことにするのであった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、
(以下イメージのみ)にとり、小町、文、萃香、レミリア、紫
:要点|
タイトルは茨歌仙、キャラ名は茨華仙。
以前から霊夢や魔理沙と会ったことはあるらしい。

**第二話 「意図的に捨てられた技術と地獄」 [#u7be7fd7]
:あらすじ|
常温核融合のため大量のパラジウム合金を欲しがる早苗。
一方華仙は、間欠泉センターに地霊が漂っていることに気をもむ。
常温核融合の実験が成功すれば、地下核融合炉は廃止の方向に向かう(=間欠泉も止まる)ことを確認した華仙は、
霊夢に協力するよう説得する。
早苗と華仙にお願いされ、霊夢は金山彦命(カナヤマビコノミコト)の力を借りパラジウム合金を作り出す。
後日、博麗神社で実験を始める神奈子。
実験成功後、華仙は神奈子に、なぜ間欠泉を放っているのか問いただす。
温泉目当ての人間が死なないよう注意書きをしておこうと言われたので、それはもう立てておいたと伝える。
早苗にさすが仙人だと言われるも、どこか愁いを帯びた表情を浮かべる華仙であった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、早苗、神奈子、
(以下イメージのみ)空、お燐、パルスィ、勇儀、さとり、
(以下モブ)チルノ、星、ナズーリン、文、にとり、こいし、パチュリー、ミスティア、はたて、ルナチャイルド、天子、穣子
※モブは判別出来たキャラのみ記載
:要点|
別項で妖精大戦争の紹介とZUN氏インタビューも掲載。
茨歌仙もカラー4ページと盛りだくさんのFebri Vol.02。
今日もやつらが幻想郷を騒がせる――!
間欠泉センターに漂う地霊を握り潰す華仙。
華仙は山に道場を持っているため、早苗もよく会うらしい。
金山彦命が一晩で作ってくれました。
守矢神社だと辿り着くのが困難で宣伝にならないという理由で、博麗神社で実験を行う神奈子。
「人間と旧地獄の繋がりを封じたい」というのが今回の華仙の行動理由。
地霊のことも表ざたにはしたくないようで、表向きは有毒ガスで危険だからということにしている。

**第三話 「罪人の金鉱床」 [#pc3ba339]
:あらすじ|
華仙は神社で怨霊を発見し握り潰す。
夜、華仙の屋敷に小町が現れ、最近幽霊を退治していないかと問いただす。
怨霊なら退治したと話す華仙に、怨霊だからといって消して良いものではないと忠告する小町。
神社にまた怨霊がいたため、忠告を無視し握り潰す。
怨霊は金塊に群がっていた。これをどこで手に入れたか霊夢を問いただすと温泉で拾ったと言う。
温泉に行くと魔理沙が河童と共に金脈を掘ろうとしていた。
ここには水銀や砒素も湧いているから立ち入り禁止だと怒る華仙。とりあえず河童に掘らせることにする魔理沙。
その夜、再び屋敷に小町がやってくる。
旧地獄から怨霊が大量に湧いてきているのを確認したので、華仙の行動共々ボスに報告しておくと告げる。
良いことをしてるように見える筈なのにしつこい連中だと、死神への愚痴をこぼす華仙であった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、小町、
(以下イメージのみ)アリス、パチュリー、
(以下モブ)にとり、河童二匹
:要点|
モミジの落ちる季節の話。満月。
冬服に衣替えしている華仙。魔理沙も長袖。
華仙の屋敷は丸い窓や人牛倶忘の掛け軸があり、禅に関係した造りになっている。
また庭には牡丹がたくさん咲いている。
河童のマトック。
温泉から金などが湧いてくるのは怨霊の欲望が溶けているから。
魔法使いに体が弱い者が多い理由。

**第四話 「信仰の人工湖」 [#o895ecaa]
:あらすじ|
山の麓の川べり、河童のアジト付近で地滑りが起き、川がせき止められてしまう。
心配した華仙が霊夢、魔理沙を連れて様子を見に行くと、川は河童のアジトごと湖と化していた。
そこに神奈子が現れ天然ダムの決壊を危惧し、何とかしておくから心配するなと告げる。
次の日、土砂は取り除かれ天然ダムは跡形も無くなっていた。河童もダムの底から出てくる。
安堵したのもつかの間、山の麓に新しいダム計画が持ち上がる。
早苗が言うには、神奈子の指揮で河童たちに造らせているという。
地滑りの件といいどうも腑に落ちない華仙は独自に調査を開始する。
早苗は霊夢と魔理沙に河童ダムが出来た時に売る河童グッズを見せる。
華仙は諏訪子に会い、信仰目当てで山の麓にダム湖を造ろうとしていただろうことを指摘する。
河童たちの協調性の無さからダム建造は危険と判断されダム計画は中止となる。
それを知らない霊夢は河童グッズを前に皮算用を立て浮かれていた。
計画が中止になったとは言えない華仙であった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、神奈子、早苗、諏訪子、
(以下モブ)にとり、河童三匹
:要点|
ダムの利便性と危険性について。
一晩でダムを造ってみせると言って山を崩す河童たち。河童脳恐るべし。~
なおFebriではタイトルが「信仰の人工湖�」となっているが誤植で、
この話はこれで完結しているとのこと。
[[2011年1月30日のZUN氏Twitterより:http://twitter.com/korindo/status/31700534444425216]]

**第五話 「仙人の本分」 [#oe2e163a]
:あらすじ|
相変わらず参拝客を増やす方法を探っていた霊夢は、仙人を見世物にしようと考える。
それに対し華仙の怒りが爆発。龍の子供を呼び出し霊夢を無理矢理連れ去って修行することに。
数日後、戻ってきた霊夢はやる気に満ち溢れていた。
満足気な華仙の元に小町がやってきて、まだまだ霊夢のことを判っていないねと語る。
霊夢には邪念は無く無邪気なだけだから修行は意味がないのだと言う。
はたして小町の言うとおり、霊夢はいつもの様子に戻ってしまったのであった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、早苗、小町、
(以下イメージのみ)文、椛、
(以下モブ)にとり、河童
:要点|
お焚き上げされる河童グッズ。
龍の子供や大鷲など、様々な動物を使う華仙。
霊夢不在のあいだ博麗神社を預かる早苗。掃除に精を出す。
どう見てもイーノック。何を言っているんだお前は。
小町の語る霊夢の人物像。
なぜか窓から入ろうとしていた小町。

**第六話 「雷の持つ見えない毒」 [#tf77ad65]
:あらすじ|
雷雨の日、神社で霊夢と魔理沙がなにかを見つける。
次の日、華仙が神社を訪れると二人は元気を失っていた。
その原因は二人が捕えていた雷獣の毒によるものだった。
華仙は早苗にトウモロコシが特効薬であることを伝え二人は快復するのだった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、早苗、
(イメージのみ)神奈子
:要点|
付録に描き下ろしマウスパッド付属。
ぐるぐるほっぺの早苗さん。
以前神社の裏の大木に落雷があったのはこの雷獣が暴れたから。
徐々に雑に描かれていく霊夢と魔理沙。最終的には子どもの落書きレベルに。
リスクのない恩恵なんてこの世には無い。

**第七話 「本物の福の神」 [#l82f4645]
:あらすじ|
相変わらず暇を持て余す霊夢に、魔理沙は里に現れたという福の神の話をする。
霊夢はその福の神を捕まえて祭り上げようとするが一向に現れない。
その話を聞いた早苗は、その福の神は仙台四郎ではないかと言う。
華扇は里に行き、福の神の本当の姿を見る。
その福の神は、繁盛が約束された店の最後の後押しをするだけであり、
下心を持って招こうとする者や他店を妬むようなところには現れないのだと言う。
うちだって精一杯努力していると語る霊夢は、福の神を拉致するための努力をすると言い出す。
福の神が訪れるような神社になるまで時間が掛かりそうだと、華扇はため息をつくのであった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、早苗、
(以下イメージのみ)神奈子、諏訪子
:要点|
カラー2ページ。
セミの鳴く時期の話。
明治時代に実在した福の神「仙台四郎」について。

**第八話 「狐の奸計」 [#kb6819db]
:あらすじ|
博麗神社で宴会が催された翌日、霊夢は酔いつぶれた一匹の化け狐を見つける。
退治しようとお払い棒を袖から取り出す霊夢に、狐はお金の話を持ち出し、
お金の落ちている場所や埋まっている場所を教える。
教えられた場所に向かうと、小銭や古銭ばかりだったが確かにそこにはお金があった。
だが、安定してお金を稼げる方法を探していた霊夢はそれだけでは満足していなかった。
そんな霊夢に、狐がある話を持ちかける。すると翌朝、大量の参拝客がやって来た。
霊夢は単純に喜んでいるが、華扇は急に参拝客が増えた理由がわからず不審に思う。
すると華扇が参拝客の肩に妙なものを発見する。それは狐である事の証だった。
華扇はそのうちの一匹を捕まえると、それが富と気力を全てくらい尽くす「管狐」である事が判明する。
案の定、管狐の力で集まった売り上げは全て奪われていた。
憔悴しきっていた霊夢はそれを知り、妖怪は妖怪というだけで退治してやると息巻いていた。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、早苗、萃香、文、妖怪狐
:要点|
カラー2ページ。
中秋の名月の時期の話。
まるで鋼鉄ジーグ。

**第九話 「新旧の妖怪」 [#n6311ef5]
:あらすじ|
冬の命蓮寺。幽谷響子が掃除している。
延々と独り言を続ける響子の背後に突如黒い靄が現れ、響子に一撃を食らわす。
一方、霊夢は妖怪狐を退治し終えたところだった。
最近妖怪っぽくない奴らばかりを相手にしていたから、
妖怪は退治してなんぼという原則を忘れていたとか。そこにマミゾウが現れる。
マミゾウ曰く命蓮寺で修行中の妖怪達が何者かに倒される事件が発生しており、
霊夢の仕業ではないかというのである。
響子の他に、小傘や一輪、村紗も被害を受け、皆背後から一撃でやられたという。
霊夢は身に覚えが無いと反論し、また正体を見せずに一撃で倒して一瞬で去るなど人間業ではないと言う。
数日後、霊夢の前に黒い靄が姿を現す。その捕えどころの無い感覚から華扇が正体に勘付く。
靄の正体は萃香だった。萃香は挨拶も無しにお寺なんて建てたからこっちから挨拶してやったという。
そんな萃香を避けるようにして、華扇は大鷲に乗って去っていった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、響子、妖怪狐、マミゾウ、一輪、村紗、小傘、萃香、
(以下イメージのみ)芳香、紫、幽々子、ぬえ
:要点|
カラー2ページ。
冬のはじめごろの話。「神霊廟」は春ごろ。
ひとつ前の話で出てきた化け狐が魔理沙の姿で縛り付けに。
どこのヤ○ザですか、萃香さん。
萃香と華扇のただならぬ関係。
東方特集での誤字脱字に関するお詫びと訂正については下記参照のこと。

**第十話 「帚木の別天地」 [#yd5174f4]
:あらすじ|
買い物に行かせた大鷲の帰りを待っていた華扇。
この大鷲「久米」は高齢で、買い物に行かせただけでも憔悴しきっており、
その後を継がせられる若い大鷲はヘタレた「竿打(かんだ)」くらいしかいない。
華扇は竿打を訓練するために屋敷近くの欅を目印にしようとするが、
落葉していてわかりにくいと竿打が訴えたため、欅に光の玉を付けて目立たせる事にした。
久しぶりに博麗神社を訪れてみると、魔理沙が「お宝を見つけた」と興奮している。
お宝とは金のなる「蓬莱の玉の木」。それが自身が目印にした欅だと知った華扇は、
光の玉を木の後ろに置き「ブロッケン現象」を作り出す。
蓬莱の玉の木は、妖怪の仕業を里の人間が見間違えたものという事で落ち着いたが、
魔理沙は今回の噂をまとめて、幻の木の「帚木伝説」だと推定し、吹雪の山に単身乗り込む。
その中で、荷物を抱え奇妙な動きで飛ぶ大鷲を見つけ、追いはじめる。
散々追い続けて力尽きた魔理沙が辿り着いたのは、
冬とは無縁の暖かい場所に建つ華扇の屋敷だった。
数日後、魔理沙は華扇の屋敷に行ってきたことを霊夢に話す。
霊夢にとっては修行の悪夢しか思い出せない場所だが、魔理沙にとっては楽園だったようだ。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、久米(大鷲)、竿打(大鷲)
:要点|
カラー2ページ。
冬の話。
これまで登場していた大鷲の名前が「久米」と明らかに。
最早ヨボヨボの久米。以前に出てきた河童グッズを間違って購入している。
華扇の屋敷は濃霧に覆われているうえに方術で隠されており、
正路を通らなければ辿りつけない。
蓬莱の玉の木には興味の無い霊夢。理由は盆栽の奴を見た事があるから。
(小説版「儚月抄」で輝夜が育てていた「優曇華」の事を指す?)
にこやかな顔で「遭難したぜ!」と言い、
あまつさえ雪山に仰向きに寝転ぶ魔理沙。雪山ナメてんのか。
以前の修業は霊夢にとって相当トラウマだったようです。

**第十一話 「運松庵の太公望」 [#m8b73462]
:あらすじ|
桜咲く博麗神社で花見をする事になり、霊夢は華扇に花見の幹事を任せる。
華扇はあまり人を呼べないと言うが、目玉になるお酒と肴を用意してくれればいいと返す霊夢。
そこに、腕を怪我した魔理沙がやってきた。華扇の家に泥棒しに山に入った時、
門番RegaeiThgnks Cole, I was wondering about this one. I am a fan of Aleks’ writing. I need a HEA though , but he is more flexible. I meet too many people working through tragedy, I need as many HEA as I can find!!  So thanks for the heads up!  Love your blog, the knitting is a great touch. Very friendly place you have here! ((big hugs))
**第二十七話 「妖怪に刺さる針」 [#v30c26c9]
:あらすじ|
博麗神社に集まる妖怪を退治する霊夢。
そこへ多々良小傘がやってくるが、霊夢の針攻撃を食らってあっけなく退散する。
だが、霊夢は投げた針が曲がってしまったことに気付いた。
華仙によると、二月八日は事八日という年末年始の節目に当たるため、
神様の力が弱まるのだという。
また、針供養の日でもある。
御札の力が弱まり針も使えない霊夢を狙ってまたも妖怪が襲ってくるが、霊夢は難なく撃退する。
そこへ小傘が入ってきて、針を新調するなら自分に任せてほしいと言う。
彼女によると、一つ目小僧はもともと鍛冶が得意な妖怪なのだという。
その言葉どおり、数日後に彼女は見事な出来の針を持ってくる。
霊夢はその針を小傘に向かって投げ、針の品質を確かめた。
:登場人物|
華扇、霊夢、魔理沙、小傘
(以下イメージのみ)レミリア、幽々子、輝夜、神奈子、空、聖、神子、針妙丸
:要点|
霊夢を狙う悪意のある妖怪たち。化け化け? 
今まで使っていた針をどこで手に入れたのかは霊夢も覚えていない。
霊夢の使っていた針をマジックアイテムとして欲しがる魔理沙。
魔理沙は意外と顔が利くらしい。
鍛冶が得意という小傘。驚きの特技。


*ちょっぴり出張版 [#f5cd1ad2]

**ちょっぴり出張版1 [#b0b059c0]
:あらすじ|
文々。新聞の号外に載った雷獣の記事を読む霊夢と魔理沙。
華仙のモノマネをする霊夢。
怒る華仙。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇
(声のみ)文
:要点|
コミックREX2011年7月号に掲載。
フルカラー4ページ。
本編六話の後日談。
5分で分かる東方茨歌仙。

**ちょっぴり出張版2 [#w041ff83]
:あらすじ|
華仙のカミナリが落ちた。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇
:要点|
コミックREX2011年8月号に掲載。
フルカラー4ページ。
前号の続き。
これまでの話のおさらい。

**ちょっぴり出張版3 [#tc167202]
:あらすじ|
お花見の準備。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、早苗、萃香、運松、
(以下イメージのみ)ミスティア、鈴仙、妖怪狐
:要点|
コミックREX2012年5月号に掲載。
フルカラー4ページ。
4コマ漫画7本。
11話につながる話。

**ちょっぴり出張版4 [#i056c03d]
:あらすじ|
お花見で一発芸。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、華扇、咲夜、空、雷獣、竿打(大鷲)、妖怪狐、マミゾウ
:要点|
コミックREX2012年6月号に掲載。
フルカラー4ページ。
4コマ漫画7本。
11話の続き。
三月精で華扇のペットになった犬なども登場。

**ちょっぴり出張版5 「大雨幻想郷」 [#ub440d79]
:あらすじ|
突然の大雨に華扇はご機嫌斜め。
:登場人物|
華扇、小町、雷獣、竿打、にとり、
(以下モブ)霊夢、魔理沙、早苗、諏訪子、レミリア、咲夜、紫、
(以下イメージのみ)青娥
:要点|
コミックREX2013年9月号に掲載。
フルカラー4ページ。
12話のサイドストーリー。

**ちょっぴり出張版6 「河童戦略会議」 [#v237b291]
:あらすじ|
待遇改善を要求する河童、山童に転向する河童。
:登場人物|
にとり、名無しの河童たち、山童、霊夢、
(以下イメージのみ)魔理沙、青娥、華扇
:要点|
コミックREX2013年10月号に掲載。
フルカラー4ページ。
12話直後から13話にかけてのサイドストーリー。
12話で荒らされた河童のアジトは、結局ダメになった模様。
安定の河童オチ。

**ちょっぴり出張版7 「華扇と萃香と酉の市」 [#f4a3ffba]
:あらすじ|
やたらと萃香と遭遇し、華扇一杯だけ付き合ってあげることにした。
:登場人物|
華扇、萃香、
(以下モブ)霊夢、魔理沙、にとり
:要点|
コミックREX2014年7月号に掲載。
フルカラー4ページ。
20話 二の酉のサイドストーリー。

**ちょっぴり出張版8 「早苗と熊手と酉の市」 [#a0363de3]
:あらすじ|
心綺楼の宗教合戦不参加、博麗神社の酉の市に後れを取ったと焦る早苗、
諏訪子の提案で博麗神社の酉の市に便乗することに。
ミスティアのヤツメウナギ屋にオリジナル熊手を置いてもらえることに。
しかしいかにも禍々しい熊手は案の定火事で燃えていた。
:登場人物|
早苗、神奈子、諏訪子、ミスティア、響子、
(以下イメージのみ)霊夢、白蓮、神子
:要点|
コミックREX2014年8月号に掲載。
フルカラー4ページ。
20話 三の酉のサイドストーリー。
こんな熊手では火災を呼ばないわけがない。

**ちょっぴり出張版9 「巫女さん仙人と博麗神社」 [#c345b3de]
:あらすじ|
華仙が頑張って博麗神社を繁盛させようとするが、来客たちは霊夢の方を求めていた。
霊夢が戻ってくると、華仙は自分のときより繁盛させようと目をギラギラさせた。
:登場人物|
華扇、霊夢、魔理沙、咲夜、妖夢、早苗
:要点|
コミックREX2015年3月号に掲載。
第23話のサイドストーリー。
*発表当初の名称 [#y53147bc]

発表当初は「東方茨牡丹 〜 Wild and Honred Hermit.(仮)」という名称であったが、
ZUN氏と編集長オコノギ氏との以下のやりとりにより「東方茨歌仙 〜 Wild and Horned Hermit.」に変更された。

[[公式サイト2010年7月1日の記事より:http://www2.ichijinsha.co.jp/febri/2010/07/01/]]

>ZUN 「茨はともかく牡丹はちょっと語呂が悪いな〜。
>“仙”の字を入れたいんですよね」
>オコノギ「じゃあ“茨”と“仙”は入れるとして
>どんな漢字を入れますか?」
>
>というやりとりの果てに「茨歌仙」となりました。

*キャラメルFebri Vol.09 お詫びと訂正 [#vdd82c01]

2011年11月25日、一迅社のキャラメルFebri公式サイトにVol.09での誤記についてのお詫びと訂正が掲載された。

[[Vol.09 お詫びと訂正:http://www2.ichijinsha.co.jp/febri/2011/11/25/vol-09%e3%80%80%e3%81%8a%e8%a9%ab%e3%81%b3%e3%81%a8%e8%a8%82%e6%ad%a3/]]

>2011年11月25日 6:25 PM
>
>11/25発売の「キャラメルFebri」Vol.09におきまして、間違った文章が挿入されている箇所がありましたこと、深くお詫び申し上げます。正しい文章は以下の通りとなります。
>
>■P70・右上キャプション
>「東方」とタイトルに
>ついている作品なのに、
>ラスボスが西洋風(吸
>血鬼)というのがギャ
>ップネタなんです、と
>はZUN氏の談。
>
>■P70・左下
>化猫に憑依した式神で、主に妖術を扱
>う程度の能力を持つ。人里離れた山の
>奥、マヨヒガにて霊夢らと遭遇する。
>また、橙の主人も式神である。
>
>■P77・秋静葉キャプション
>効用→紅葉
>
>■P86・本文
> 本作のサブタイトルは『東方
>文花帖』となっており、同名作
>品の続編的扱いとなっている。
>主人公の射命丸文を操り、『風
>神録』以降に登場したキャラク
>ターの弾幕の写真を撮影してい
>くことになる本作。しかし、そ
>んな文の前にライバル誌「花果
>子念報」の記者である姫海棠は
>たてが現れて……。
> 条件を満たせば、はたてを自
>機として使用することもできる。
>
>■P86・はたてキャプション
>年社→念写
最終更新のRSS
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29. HTML convert time: 0.051 sec.