Bonus 27435469   History    2/   4  
 

*東方鈴奈庵まとめ [#h05fbc66]
貸本屋「鈴奈庵」の店員、本居小鈴の物語。コンプエースで連載中。
 
#contents
 
//テンプレ(行頭のスラッシュ二つを消して使用)
//**
//:あらすじ|
//:登場人物|
//:要点|

**第1話 「幻想の稀覯本」 [#v0955551]
:あらすじ|
人間の里で阿求と出会った魔理沙は、彼女の持っていた本に興味を持つ。
それは妖魔本と言い、本来人間には不要なものであった。
そんなものが人間の里にあるのはおかしいと思った魔理沙は霊夢に相談。
二人して本を所有する鈴奈庵に向かう。
店主の小鈴は単なる妖魔本コレクターであった。
もし本から妖怪が出てきたらどうするのかと霊夢が問うと、
その時は霊夢に妖怪退治をお願いすると小鈴は無邪気に笑うのだった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴、阿求、天狗(文)、
(以下イメージ)紫、藍、にとり、アリス
:要点|
紅葉色づく季節。
人間の里に川がある。
コンプエースやネクロノミコンまで流れ着く幻想郷。
誰も読めないような本を読める力に最近目覚めたという小鈴。

**第2話 「妖怪退治の師走(前編)」 [#z8d06203]
:あらすじ|
小鈴は一人、稗田家を訪れていた。
阿求が、紙は新しいのに文字の抜けてしまっている巻物を見つけ、
その相談の為に呼んでいたのだ。
文字の抜けた巻物を見た小鈴は、かつて祖父から聞いた
文字を食べる妖虫「字喰い虫」の仕業だと判断、虫の対処に乗り出す事になる。
一方博麗神社では、霊夢が焚き火をしていた。
そこへやってきた魔理沙は、霊夢に
落ち葉を堆肥にして農家に売る「堆肥ビジネス」の話を持ち出す。
その時二人は里から焚き火とは思えない煙が立ち上っているのを見つける。
大急ぎで駆けつけるが、そこには火事はおろか煙一つ見当たらない。
腑に落ちないものの被害は無いと見て里を後にする。
しかし、二人の後ろには不気味な影が迫っていた。
神社に帰った霊夢が一人食事をしていると、突然魔理沙が乱入。
何を思ったか霊夢に水をぶっかけてしまう。当然霊夢は激怒。
魔理沙は神社から尋常でない煙が上がっているのを見て、火事と勘違いしたという。
そこに小鈴が現れて・・・
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴、阿求、
(以下モブ)小町、雛、橙、萃香、穣子、
静葉、キスメ、光の三妖精、
(以下イメージ)霖之助、マミゾウ
:要点|
秋が終わり、冬へと移る季節。
くしゃみで鼻をすする穣子。
小鈴には祖父がいた。
狸の始めた落ち葉ビジネス。
とりあえず水をぶっかけたかった魔理沙。

**第3話 「妖怪退治の師走 後編」 [#j614a32c]
:あらすじ|
神社に現れた小鈴は、何もせずそそくさと去ってしまった。
その様子を見て、霊夢と魔理沙は妖怪退治の匂いを嗅ぎつける。
家に戻った小鈴は、一冊の本を見ていた。
その本には一部分だけ真っ白になったページがあった。
そこに魔理沙が現れ、小鈴に妖怪の正体を知っているのではと問い詰める。
妖怪の正体は「煙々羅」。
小鈴の見ていた「今昔百鬼拾遺稗田写本」という本に封じられていた妖怪で、
家から煙が出ているのを家人が気付かなければ本当に燃やしてしまう危険な妖怪である。
そして火事を起こすのに失敗した煙々羅は、その時近くにいた人に乗り移る特性を持つ。
魔理沙は神社で失敗した煙々羅が次に狙うのは自分の家と知り慌てる。
急いで家に戻るも霊夢がすでに妖怪は退治したと告げる。
しかし、封印されていた本に煙々羅は戻っていない。
倒したのかどうか手応えが無いという霊夢に、小鈴は記録の少ない煙々羅の退治方法を教える。
慌てて神社に戻った3人の前には咲夜がいた。
煙々羅は咲夜に乗り移り、幻想郷中に神出鬼没に現れ始める。
あっちこっちと翻弄されつつも、二人はようやく煙々羅の退治に成功する。
ヘトヘトの二人は、何はともあれお酒で疲れを労う事に。
今回の煙々羅は、小鈴が字喰い虫を退治するために阿求と目覚めさせたものだった。
行き当たりばったりではあったが、字喰い虫は退治でき、
煙々羅も元通りになったと小鈴は満足気だった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴、阿求、咲夜、
(以下モブ)レミリア、パチュリー、フラン、ホフゴブリン、
布都、青蛾、芳香、てゐ、ナズーリン、一輪&雲山、ぬえ、衣玖
:要点|
三月精との表記統一のためか、前編にはあったサブタイの鉤括弧がなくなっている。
霊夢と魔理沙でせんべいの割りあいっこ。
煙に気付かない振りをして家に入り、御札等を貼って浄化するのが煙々羅の退治法。
碁を打っている布都と青蛾。
STAGE CLEAR!! Clear Bonus 1,200,000

**第4話 「私家版 百鬼夜行絵巻 前編」 [#oe24b2aa]
:あらすじ|
里で狐火の目撃情報が絶えないと魔理沙から聞いた霊夢は調査を開始する。
一方、鈴奈庵に丸眼鏡をかけた女性が訪れ、
百鬼夜行絵巻に興味を示し、幻想郷で書かれた本はないかと尋ねる。
里で聞き込みをしていた霊夢は、丸眼鏡の女性から狐火のことなら鈴奈庵が黒だと告げられる。
女性は人間に化けたマミゾウであった。
鈴奈庵に注意しろと言い、消えるマミゾウ。
霊夢は鈴奈庵へと向かうのであった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴、マミゾウ、
(以下モブ)レティ、ミスティア、響子、妖夢、紫、慧音、
(以下イメージ)お燐、藍
:要点|
雪の降る季節。
『岩のような質感』と噂の妖夢の半霊初登場。
冬眠している紫。
里を練り歩く付喪神の群れ。

**第5話 「私家版 百鬼夜行絵巻 後編」 [#s64a4965]
:あらすじ|
鈴奈庵にやってきた霊夢は、本屋とは関係ない食器や壺が大量に置いてある事に気付く。
それらは夜ごとに増えているという。
一方、百鬼夜行を探っていた魔理沙は、付喪神の百鬼夜行に行きつく。
その向かう先では化け狸たちの宴が開かれていた。
しかし、魔理沙が物音を立ててしまった事で気付かれ消えてしまう。
すると、宴の中心の炎に化けていたマミゾウが姿を現した。
狸の宴会に付喪神を参加させる事で、
妖力を高めて一流の妖怪に育て上げることが目的だったという。
翌日。霊夢と魔理沙は鈴奈庵に集まっている食器を調べる事にする。
しかし、あまりに乱雑に本を扱う二人に小鈴が激怒。事情を説明すると、
マミゾウが「私家版百鬼夜行絵巻最終章補遺」という巻物に興味を持ったという話を聞く。
それは、禍々しい妖気が伝わる程のもので、マミゾウは驚きの顔で凝視していたという。
霊夢が、この絵巻を開けたり売ったりしない事を言い付けると、その後は付喪神が来なくなった。
鈴奈庵に来たマミゾウがその巻き物を買おうとするが、小鈴は言い付けを守って売らない。
そんな小鈴にマミゾウは、その絵巻を使うのは月に一回くらいにしないと
恐ろしい妖怪を呼び寄せると言って去る。
それと同時に、食器類に付いた付喪神たちも去っていった。
それを見た小鈴はいたく感動、ますます妖魔本の研究に励むようになった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴、マミゾウ
:要点|
付喪神を拾ってあげたマミゾウ。
マミゾウを人間だと思っている小鈴。

**第6話 「珍獣の飼育資格 前編」 [#s1febd5f]
:あらすじ|
外来本の情報誌を読んでいる小鈴。そこへ阿求が本を返しにやってくる。
阿求は、里のあちこちの家でお酒が消える事件が起きていると話す。
一晩中見張りをしていてもいつの間にかなくなっていたそうだ。
一方、博麗神社ではお花見が開催されている。
そんな中、レミリアは霊夢に「珍しい動物が手に入った」と話す。その名も「ツパイ」。
そのツパイ、レミリア曰く酒豪とのこと――
後日、阿求は酒好き妖怪を捕まえるための罠を用意。その名も「一夜のクシナダ」。
かの有名な八岐大蛇を眠らせたという酒で、一撃必睡させようというのである。
この酒の原料には「一夜茸」というキノコが使われており、
さらに、これを酒と合わせて食べると激しく酔う中毒症状が出る。
花見の席で酔っ払って記憶を無くしつつある霊夢。そこへやってきたのは咲夜。
レミリアのペットを見失ってしまい、探しているという咲夜。
しかし、姿を見た事も無い霊夢には探しようが無い。どんな姿かを尋ねると・・・。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴、阿求、レミリア、咲夜、
(以下モブ)リリーホワイト、名無しの本読み妖怪、
華扇、文、妖夢、幽香、ミスティア、光の三妖精
:要点|
ベルリンの壁は欠陥工事?
動物は結界の影響をあまり受けない。
花見の時間軸は『茨歌仙』16話と同じ?
(「霊夢が記憶を失っている=凶暴化していた」と説明できる)
一夜茸が毒キノコだと魔理沙から教わっていた小鈴。

In the great game of "What If," I wonder what would have happened if Deputy Sheriff Christopher Look had decided that Kennedy's Lincoln, which he saw make a wrong turn and speed away before he could speak to the driver, was driving suspiciously or erratically enough to initiate a traffic stop. Might Mary Jo Kopechne still be alive today, playing with her grhecdaildrnn? She would have turned 68 this month.
**第8話 「お稲荷さんの頭巾 前編」 [#jf91d4f7]
:あらすじ|
小鈴は道で人々が集まっているのを見かける。そこには阿求の姿もあった。
話を聞くと、お稲荷さんの頭巾が行方不明になったとのこと。
その頭巾はただの頭巾ではなく「聴耳頭巾」という、植物や動物の声が聞こえるようになる代物。
昔は本物であったというその頭巾だが、そんな貴重品を扉も無い祠に置いておく訳にもいかず、
阿求の家に保管し、お稲荷さんには代わりに普通の頭巾を被せていた。
ところが、阿求の家に置いてあった頭巾は時間と共に魔力が抜け、普通の布になっていた。
阿求が考えるに、お稲荷さんが被っている頭巾が魔力を得て聴耳頭巾になるようだ。
一方、魔理沙は魔法の森で黒い布を使って、白い蛇を生け捕りにしていた。
その蛇は何かを伝えたい様子で、しきりに魔理沙に布を被るよう指示してきた。
魔理沙が言う通りに被ると、どこからともなく声が聞こえて来た。「霊夢に異変が・・・」
当の霊夢は夏風邪をひいてダウンしていた。
そこに、その病気は私が治してやると息巻く魔理沙が現れた。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴、阿求
:要点|
聴耳頭巾で動物の願いを叶え、お金持ちになるおとぎ話。
夏風邪をひいていようが廊下の曲者を一撃で退治できる霊夢。

**第9話 「お稲荷さんの頭巾 後編」 [#p8e4f31d]
:あらすじ|
魔理沙曰く、霊夢の夏風邪は昨日屋根裏で雨漏りの修理をしていた際に
閉じ込めた蛇の無念が引き起こしたのだという。
魔理沙のおかげで霊夢は全快する。
なんでも魔理沙は昨日お稲荷さんの祠の前で白蛇を見つけて、
落ちていた布でその蛇を捕まえたそうだ。
家に着いてみると蛇の様子がおかしかったので布を耳に当ててみると蛇の声が聞こえたのだという。
魔理沙は白蛇から金になる話を聞き、実行しようとする。
朝早く鈴奈庵を訪れた魔理沙は、百鬼夜行絵巻を見たいと言う。
小鈴が訝しみながらも絵巻を渡すと、
魔理沙の帽子を破って中から羽を生やした黒い蛇が現れた。
白蛇は絵巻に力の一部を封じられていた邪龍だった。
騙されたことに憤慨する魔理沙に、
蛇はここまで導いてくれたことを感謝し褒美を渡すことを約束した。
小鈴が百鬼夜行絵巻の閲覧使用代を請求すると、龍は小鈴へもお礼を約束し空高くへ飛び去った。
後日、魔理沙の家の前には薬に使える龍の爪が落ちており、
小鈴は龍の魚拓をもらった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴
:要点|
霊夢はマジックアイテムをあまり見たことがない。
邪龍が成龍になるのは数百年後。
魚拓にサインするおちゃめな邪龍。

**第10話 「暗黒の伝統芸能 前編」 [#ra40e7ae]
:あらすじ|
神社で能楽が行われ多くの見物客が訪れていた。
小鈴もその能楽を見たが内容がよく理解できなかった。
そこで鈴奈庵で能楽の本を読んで調べていたところ、阿求が訪ねてきた。
阿求は小鈴に能楽の歴史を説明する。
猿楽以前の歴史は文献にもほとんど残っていないが、
阿求は全ての時代を見てきて覚えているという。
阿求の長い話を聞いた後、
小鈴は書物を片付けようとして棚の上から落ちてきた箱に頭をぶつけた。
その箱には「山怪散楽図」と書かれており、中には巻物がしまわれていた。
それを読んだ小鈴は慌てて阿求へ知らせに飛び込んだ。
小鈴が見つけた巻物は妖怪が未知の文字で書いたものだった。
序文には妖怪が能楽になぞらえて遊びで描いたものだと書かれていたが、
その中に博麗神社で能楽師が舞っていた舞とそっくりの図案を見つける。
それは感情を奪う妖怪の能楽『仮面喪心舞 暗黒能楽』だった。
:登場人物|
霊夢、魔理沙、小鈴、阿求、こころ、
(以下モブ)一輪&雲山、幽香、天子、衣玖、
光の三妖精、幽々子、萃香、紫、美鈴、橙、アリス、華扇、
妖夢、屠自古、青娥、こいし、てゐ、うどんげ、霖之助、慧音Exciting news! I’ve been hoping for some of these additions since I started frnntequieg TBH. Hopefully I’ll be able to play games with more of the community, though I’m generally shy
**第25話 「著者不明は容易く盗まれる 後編」 [#f8533ad8]
:あらすじ|
すっかり占い屋となった鈴奈庵で、魔理沙が小鈴に占ってもらうと、明日まで運気が最悪だと言われる。
魔理沙は博麗神社に居座ることにしたが、小鈴の占いに引っかかるところがあった。
人里に似た占術を行う易者がいたのだが、彼は半年ほど前に不審な死を遂げたという。
それを聞いた霊夢は小鈴のWhen we are married, they do. They tell us we aren’t allowed to put it next to another woman!Seriously, the dems pushing feminism have a twisted view of women’s rights. So twisted in fact, it’s actually an-;2women&#8t17is rights. Not to mention their affirmative action views based on gender sure say they think women are inferior.Reply
それを聞いた霊夢は小鈴の> Jacques C.Quand Siganus Sutor écrit « tous les Leclézio restés au paqs &rayuo;, le pays en question c’est l’île Maurice, pas la Bretagne.

最終更新のRSS
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29. HTML convert time: 0.035 sec.