Bonus 27117576   History    7/   0  
 

花映塚スペルカードリスト
Edit

博麗 霊夢
Edit

行雲流水(こううん-りゅうすい)
空行く雲や流れる水のように、一事に執着せず、自然にまかせて行動すること。
チャージ2霊符「陰陽印」
チャージ3霊符「夢想封印」
ボスアタック霊符「博麗幻影」

霧雨 魔理沙
Edit

疾風怒濤(しっぷう-どとう)
疾風は速く吹く風、怒涛は荒れ狂う大波の意。
18世紀後半にドイツで見られた文学運動を指す語"Sturm und Drang"(シュトゥルム・ウント・ドラング)の訳語。
参考:シュトゥルム・ウント・ドラング(ウィキペディア)、ロマン主義(ウィキペディア)
チャージ2魔符「スターダスト」
チャージ3魔符「スターダストレヴァリエ」
ボスアタック魔符「イリュージョンスター」

十六夜 咲夜
Edit

快刀乱麻(かいとう-らんま)
よく切れる刀でもつれた麻の糸を断ち切るように、もつれていた物事をあざやかに解決することのたとえ。
チャージ2時符「プライベートヴィジョン」
チャージ3時符「プライベートヴィジョン」
ボスアタック時符「ミステリアスジャック」

魂魄 妖夢
Edit

全身全霊(ぜんしん-ぜんれい)
その人のもっている心身の力のすべて。
チャージ2迷符「纏縛剣」
チャージ3迷符「纏縛剣」
ボスアタック迷符「半身大悟」

鈴仙・優曇華院・イナバ
Edit

栄枯盛衰(えいこ-せいすい)
人・家・国家などの勢いにも盛んな時と衰える時のあること。
チャージ2波符「月面波紋(ルナウェーブ)」
チャージ3波符「月面波紋(ルナウェーブ)」
ボスアタック散符「栄華之夢(ルナメガロポリス)」

チルノ
Edit

一石二鳥(いっせき-にちょう)
一つの事をして二つの利益を得ること。
チャージ2凍符「パーフェクトフリーズ」
チャージ3凍符「パーフェクトフリーズ」
ボスアタック凍符「コールドディヴィニティー」

リリカ・プリズムリバー
Edit

光彩陸離(こうさい-りくり)
光が美しく入り乱れ、まばゆいばかりに輝くさま。まぶしいほど輝かしいさま。
チャージ2騒符「ソウルノイズフロー」
チャージ3騒符「ソウルノイズフロー」
ボスアタック騒符「リリカ・ソロライブ」

メルラン・プリズムリバー
Edit

高山流水(こうざん-りゅうすい)
音楽のすぐれて巧みなこと。
チャージ2騒符「ソウルゴーハッピー」
チャージ3騒符「ソウルゴーハッピー」
ボスアタック騒符「メルラン・ハッピーライブ」

ルナサ・プリズムリバー
Edit

光彩陸離(こうさい-りくり)
光が美しく入り乱れ、まばゆいばかりに輝くさま。まぶしいほど輝かしいさま。
チャージ2騒符「ノイズメランコリー」
チャージ3騒符「ノイズメランコリー」
ボスアタック騒符「ルナサ・ソロライブ」

ミスティア・ローレライ
Edit

放歌高吟(ほうか-こうぎん)
あたりかまわず声高く詩歌を吟じること。
チャージ2鳥符「ヒューマンケージ」
チャージ3鳥符「ヒューマンケージダブル」
ボスアタック鳥符「ミステリアスソング」

因幡 てゐ
Edit

狡兎三窟(こうと-さんくつ)
用心深くて難を逃れることが上手であること。
チャージ2兎符「開運大紋」
チャージ3兎符「開運大紋」
ボスアタック兎符「因幡の素兎」

射命丸 文
Edit

物言えば唇寒し秋の風(ものいえば くちびるさむし あきのかぜ)
松尾芭蕉の句。余計なことを言うと、それが元でつまらないことが起きることを詠んだ句。
類義:口は災いの元、言わぬが花、雉も鳴かずば撃たれまい。
チャージ2風符「風神一扇」
チャージ3風符「風神一扇」
ボスアタック疾風「風神少女」

メディスン・メランコリー
Edit

毒薬変じて甘露となる(どくやくへんじてかんろとなる)
毒薬変じて薬となると同義。毒薬も使い方次第で薬になる。
チャージ2毒符「神経の毒」
チャージ3毒符「神経の毒」
ボスアタック毒符「憂鬱の毒」

風見 幽香
Edit

月に叢雲 花に風(つきにむらくも はなにかぜ)
好事には、とかく差し障りが起こり易いものだということの喩え。
チャージ2花符「幻想郷の開花」
チャージ3花符「幻想郷の開花」
ボスアタック幻想「花鳥風月、嘯風弄月」

小野塚 小町
Edit

死ねば死に損 生くれば生き得(しねばしにぞん いくればいきどく)
生きていればいつかよいことにも巡り合えるから生き得と言えるが、死んでしまえばそれまでだから、死に損ということになる。
人間生きていなければどうにもならないということ。
チャージ2投銭「宵越しの銭」
チャージ3投銭「宵越しの銭」
ボスアタック死神「ヒガンルトゥール」

四季映姫・ヤマザナドゥ
Edit

天知る 地知る 我知る 人知る(てんしる ちしる われしる ひとしる)
後漢書より。賄賂を贈ろうとした男に対する、楊震という高官の言葉。
男が賄賂を贈る際、楊震に対し「このような夜遅く、誰も知る人はいませんから。」
と述べたのに対し、楊震はこう述べ、賄賂を断った。
「誰も知るものがいないとはとんでもない。天が知っている。地が知っている。私が知っている。君も知っているではないか。」
転じて、全ての行いは誰かしらに知られているということのたとえ。四知。
チャージ2罪符「彷徨える大罪」
チャージ3罪符「彷徨える大罪」
ボスアタック審判「ラストジャッジメント」

read (latestLog 66694sec.) / 0.003sec.

最終更新のRSS
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29. HTML convert time: 0.009 sec.